ファミリーキャンプ.net 読み切り特集

今回はタープについて解説します。

タープには色々な種類があります。本編の「キャンプ初心者のためのキャンプ用品選びのポイント – 絶対に必要なもの(大物) – 」でご紹介したウィングタイプもしくはヘキサゴンタイプの簡単簡易なタイプのタープ、「キャンプ初心者のためのキャンプ用品選びのポイント – あると便利・快適なもの – 」でご紹介したスクリーンタイプのタープないしはシャルター、大型で6本の足で設営するレクタングラータイプ・スクエアタイプのタープ、さらに最近では、車のサイドドアやハッチバックに取り付けるカーサイドタイプのタープなどがあります。

カーサイドタープ

カーサイドタープは、車高に高いワンボックスやRVのサイドドアやリアのハッチバックに固定するタイプのタープです。

写真はこちら

私は持っていないのですが、泊りがけのファミリーキャンプにはあまりなじまないかなぁ~と思っています。

設営も簡単で全体として軽量なので、気軽なデイキャンプなどには重宝するかもしれませんが、致命的な欠陥として、これを設営してしまうと車がつかえないのですよ。

キャンプに行ってテントやタープを設営すると、車を動かさないって人もいるかもしれませんが、そもそもキャンプ場っていうのは辺鄙な場所にあることが多いので、ちょっとした買い物でも車が必要になりますし、遊ぶ場所や施設のないキャンプ場の場合、子供たちは厭きてしていますので、やっぱり車で出かけることになります。

そもそも私はキャンプは二泊でっていう主義なので、車がつかえないっていうのはあり得ないし、その都度、タープをしまうってのはもっとあり得ません。

加えて、駐車位置が必ずしもタープを設営する場所に適しているのかどうかわからないというデメリットもあります。

もっとも、河原のように地面が砂地でロープが固定しづらいような場所でデイキャンプ!みたいなときには、重宝するかもしれませんが…その場合でもヘキサタープやウィングタープである程度は代用できますしねぇ~


レクタングラータープ、スクエアタープ

これは、小学校の運動会やなんかで校庭に設営されている本部テントの小型のようなものを想像してもらうと間違いありません。

写真はこちら

他のタープを比べると面積が大きいので大人数で使える、サブポールを使うので天井を高くできるといったメリットがありますが、カーサイドタープと同様、ファミリーキャンプには向きません。

そもそもポールをたくさん使うので、設営が大変です。パパひとりで設営するには若干無理がありますね。

加えて、荷物としてかさばりますし、風にも弱い、もっと言えば、ファミリーキャンプですから、そんなに大人数って訳でもありません。

数家族でキャンプ、会社の同僚とキャンプなど、大人数のとき以外は活躍の場はないでしょう。


ウィングタープ、ヘキサゴンタープ(ヘキサタープ)

ウィングタイプはひし形、ヘキサゴンタイプは六角形のシート形状をしています。

基本的にはメインポール二本と張り網8本(ウィングタイプは6本)で固定するもので、サブポールがついているものもあります。

写真はこちら

これは一枚?はもっておきたいですね。設営も楽ですし、風にも強いし、荷物にもなりません。

加えて、簡単な構造をしていますので、使い方のバリエーションが豊富です。

前述しましたが、カーサイドタープのように使うこともできますし、テントの入り口付近にかぶせるように使うこともできます。また、樹木などがあれば、それを使って固定することも出来ますので、非常に便利です。

ただし、購入に際しては、メインポールの高さにはご注意ください。

二本のメインポールにシートをかぶせる形になるので、当然ですが、メインポールの高さがシートの最高点になります。

メインポールが低いと、タープの中で中腰で移動することになりますので、無理のないレベルで高いものをお勧めします(私は低いものを一度買ってしまい…失敗しました)。


スクリーンタープ(シェルター)

このスクリーンタープはキャンプをやっていると…必ずほしくなるんですよ。

写真はこちら

写真を見ていただければわかりますが、リビングタイプのテントですね。床がないテントと考えてもいいと思います。

テント以上に荷物になりますし、設営も簡単ではありません。加えて、風にもそう強くはないのですが…

とにかく快適なんですねぇ~このスクリーンタープは。

この中にテーブルとディレクターズチェアを置き、ゆっくりビールを飲みながら料理をしたり、食べたり、子供が寝た後も奥様とワインで夜更かし…これぞキャンプの醍醐味です。虫が気になりだす夜には、網戸を閉めてしまえば…巨大な蛾などに脅かされることもありません。

前述したヘキサタープは開放感が魅力ですが、このスクリーンタープは閉ざされたプライベート空間という感じが魅力なんです。

ただし、前述したタープを比較して高価ですから、始めは躊躇してしうのですが…

まぁ~一度、キャンプ場に行ってごらんなさいって!

周りのキャンパーたちが、夜、スクリーンタープのなかで楽しそうにしているのを見てしまうと…絶対、ほしくなりますから。


タープのまとめ

結論としては、ヘキサタープとスクリーンタープを買いなさい!ってことです(笑)

スクリーンタープはちょと高価なので、お財布に相談が必要なのですが…くどくど言いませんけど、絶対、買うことになります!

間違いございません!



動画と画像でお届けするアウトドア情報

ファミリーキャンプ.netでは、「スポーツ&アウトドア情報のバイラルメディア Briefing Paper」とタイアップし、キャンプに役立つ情報を動画や画像でお届けすることになりました。
毎日の更新情報は公式facebookページtwitterで配信されます。
是非、「いいね!」または「フォロー」をし、楽しいファイリーキャンプライフにお役立てください

キャンプ用品はこうやって選べ!
いよいよ!キャンプ本番!
キャンプの小技とノウハウ
キャンプのレシピ
免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。